知っておくと便利な医薬品豆知識

>

薬の飲み方を調べよう

正しい方法を把握する

基本的に、薬は水で飲んでください。
お茶やジュースで歯、薬の効果を消してしまうことあります。
薬は水と一緒に服用することで、溶けて効果を発揮できる仕組みになっています。
ですが子供は、薬を水で飲むことが苦手かもしれませんね。
苦みを感じる薬もあるので、それは特に苦手だと思います。
子供がなかなか薬を飲まなくて困っている場合は、専用のゼリーを使ってください。

薬を飲むために作られたゼリーなら、一緒に服用しても効果を打ち消すことはありません。
イチゴやブドウなど、おいしい味付けがされているので子供も喜んで食べてくれるはずです。
どうしても子供が薬を飲まなかったら、水で飲ませることは諦めてそのような道具を使ってください。

高齢者の薬の飲み方

高齢者の場合は、水を多めに摂取してください。
体内の水分が減っているので、口の中が乾いている可能性があります。
その状態で歯、薬を飲むことが難しいです。
通常よりも多めのみずを意識すれば、きちんと飲むことができます。

また、高齢者用に溶けやすい薬も販売されています。
普通の薬を飲むことができなかった場合は、そちらを試してください。
ドラッグストアで見つけることもできるので、スタッフに溶けやすい薬を扱っていないか聞いてください。
高齢者は物忘れが激しくなり、薬を飲み忘れることがあります。
家族が薬を飲んだか聞いて、チェックしなければいけません。
毎日服用しないと、薬は効果を発揮できません。
1日でも飲み忘れると、無駄になります。